このページの本文へ移動
Menu

● 旅行業関係者の方へ
宿泊税 * Q&A
次のページ(Q3-Q4)へ

Q 1
【宿泊税】

 旅行クーポンを発券する際の、宿泊税の取扱いを教えてください。

A 1
 消費税や入湯税込みで旅行クーポンを発券するような場合には、宿泊税相当金額を含めてクーポンで発券しても差し支えありません。
 なお、税抜きでクーポンを発券し、消費税等を利用時に精算することとしている場合においては、宿泊税についても同様に利用時精算として差し支えありません。

一覧へ戻る

Q 2
【宿泊税】

 旅行業者は、宿泊税の特別徴収義務者となっていませんが、お客様から宿泊税相当分の金額を預かることに問題はありませんか。

A 2
 宿泊税の納税義務者はホテル又は旅館の宿泊者であり、特別徴収義務を負うのはホテル又は旅館の経営者となっています。
 しかし、旅行業者の方が旅行商品の販売時に宿泊税相当分を預かることもできます。
 宿泊税を、旅行商品販売時に預かり金として取り扱うか、あるいはホテル又は旅館に実際に宿泊する際に、支払っていただくかについては、旅行業者の方とホテル又は旅館との間で取り決めていただくことになります。

一覧へ戻る

  次のページ(Q3-Q4)へ