このページの本文へ移動

よくあるご質問(FAQ)

課税に関すること

Q1 自動車税を納める人は誰ですか。(3月)

A1
自動車税は、4月1日現在、自動車の所有者(割賦販売等で売主が自動車の所有権を留保している場合は使用者)として自動車検査証(車検証)に記載された方に1年分が課税されます。

※名義変更や廃車を予定している方は、3月31日までに移転登録(名義変更)や抹消登録(廃車)の手続きがされないと引き続き課税となりますのでご注意ください。

項目一覧へ戻る

Q2 身体障害者手帳を持っていますが、自動車税の減免を受けられるのでしょうか。(3月)

A2
障害者手帳等(身体障害者手帳・戦傷病者手帳・愛の手帳(療育手帳)・精神障害者保健福祉手帳)の交付を受けている方が使用する自動車で一定の要件を満たす場合は、申請により自動車税・自動車取得税の減免を受けることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

項目一覧へ戻る

Q3 法人事業税・法人都民税の確定申告書の記載方法について教えてください。(3月)

A3
第6号様式記載の手引をご覧ください。

項目一覧へ戻る

固定資産に関すること

Q1 23区内の平成31年度固定資産評価証明、公課証明、土地家屋名寄帳は、それぞれいつから申請できますか。(3月)

A1
固定資産評価証明及び土地家屋名寄帳は平成31年4月1日から、固定資産公課証明は平成31年6月3日からご申請いただけます。なお、例年4月初めの数日間は、窓口が大変混雑し、お待ちいただく時間が大変長くなっております。お急ぎでなければ、混雑時期を避けてご申請されることをおすすめします。

項目一覧へ戻る

Q2 平成31年3月に土地家屋を売却しましたが、平成31年度分の固定資産税は誰に課税されますか。(3月)

A2
賦課期日(毎年1月1日)に固定資産(土地、家屋)の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている方です。

項目一覧へ戻る

納税に関すること

Q1 車検を通したいのですが、車検用納税証明は必要ですか?(3月)

A1
平成27年4月より、継続検査等を行う運輸支局等において自動車税の納税確認を電子的に行うことが可能になりました。そのため、車検時に自動車税納税証明書(継続検査等用)の提示を省略できます。ただし、納付後、運輸支局等で納税確認ができるまで、最大10日程度かかります。

この期間内に車検を受ける場合には金融機関やコンビニエンスストア等でご納付いただき、納付書等の右端にある「自動車税納税証明書(継続検査等用)」をご提示ください。

項目一覧へ戻る

Q2 口座振替はどのように申し込めばいいですか。(3月)

A2
次のいずれかの方法でお申し込みください。

①「都税口座振替依頼書(自動払込利用申込書)(ダウンロード専用)」をご記入のうえ、郵送してください。

②都の公金を取り扱う銀行などの金融機関及び郵便局の窓口で、都口座振替依頼書(3枚複写式)をご記入のうえ、お申込みください。

③「都税口座振替(自動払込)依頼書」(ハガキ式)をご記入のうえ、ポストに投函してください。

詳しくはこちらをご覧ください。

項目一覧へ戻る

ページトップへ戻る