このページの本文へ移動
Menu

1 届出・申請について

Q1 法人を設立した場合の手続きについて教えてください。
Q2 東京都以外に本店のある法人が、都内に初めて支店を設置する場合の手続について教えてください。
Q3 事務所・事業所を廃止した場合や届出事項を変更した場合の手続きについて教えてください。
Q4 東京都内の主たる事務所を移転しました。異動届出書は異動前、異動後両方の都税事務所に提出が必要ですか。
Q5 申告期限の延長の申請をする場合の手続について教えてください。

 




Q 【届出・申請 No.1】

 法人を設立した場合の手続きについて教えてください。

A事業を開始した日から15日以内に、法人設立・設置届出書を所管の都税事務所(都税支所)・支庁に提出してください。(東京都都税条例第26条第1項、都税条例規則第12条の2)
 (添付書類) 
 ・定款・寄付行為・規約等の写し
 ・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)の写し  
※平成29年4月1日以後、国税(法人税)の設立届出書への「登記事項証明書」の添付が不要となりましたが、都税では従来どおり、添付が必要となりますので、ご注意ください。

項目一覧に戻る
Q 【届出・申請 No.2】

 東京都以外に本店のある法人が、都内に初めて支店を設置する場合の手続について教えてください。

A 事務所・事業所を設けた日から15日以内に、法人設立・設置届出書を所管の都税事務所(都税支所)・支庁に提出してください。(東京都都税条例第26条第1項、都税条例規則第12条の2)
 なお、都内に複数支店を設置する場合は、その中のひとつを「都内の主たる事務所等」として、主たる事務所等の所在する区を所管する都税事務所等へ届出をしてください。 
添付書類) 
 ・定款・寄付行為・規約等の写し
 ・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)の写し(支店登記していない場合も必要です。)
  ※上記に加えて、支店の住所や設置日が確認できるものの提出をお願いすることがあります。

項目一覧に戻る
Q 【届出・申請 No.3】

 事務所・事業所を廃止した場合や届出事項を変更した場合の手続きについて教えてください。

A  廃止又は変更の日から10日以内に、異動届出書を所管の都税事務所(都税支所)・支庁に提出してください。(東京都都税条例第26条第2項、都税条例規則第12条の2)
 (添付書類) 
 ・異動事実が確認できる書類
   例:登記事項を変更した場合=登記事項証明書(履歴事項全部証明書(又は閉鎖事項全部証明書))の写し
     決算期を変更した場合=株主総会の議事録又は変更後の定款等

項目一覧に戻る
Q 【届出・申請 No.4】

 東京都内の主たる事務所を移転しました。異動届出書は異動前、異動後両方の都税事務所に提出が必要ですか。

A
 届出書は、両方の都税事務所に提出する必要はありません。
 都内において納税地の異動があった場合、東京都都税条例第10条により、異動前の納税地の所管都税事務所へのご提出をお願いしているところですが、異動前又は異動後のどちらかの都税事務所へご提出いただければ、手続きをさせていただきます。

項目一覧に戻る
Q 【届出・申請 No.5】

 申告期限の延長の申請をする場合の手続について教えてください。

A
 定款等の定めなどにより定時総会が事業年度終了から2か月以内に召集されない常況にある法人や連結法人が、法人事業税・地方法人特別税の申告期限の延長の申請をする場合及び法人税において申告書の提出期限が延長された場合等は、申告書の提出期限の延長の処分等の届出書・承認申請書(第13号の2様式)を所管の都税事務所(都税支所)・支庁に提出してください。(地方税法第72条の25第3項、地方税法施行規則第4条の4、地方税法第53条第44項、同条第45項、第321条の8第38項、同条第39項、地方税法施行規則第3条)
平成29年4月1日以降申請する法人の方へ

項目一覧に戻る

2 法人事業税について

Q1 法人事業税とは?
Q2 どのような法人が納めるものですか?
Q3 法人事業税の税率を教えてください。
Q4 申告と納税について教えてください。
Q5 東京都と他の道府県に事務所等を有する法人の申告はどのようにしますか。

 




Q 【法人事業税 No.1】

 法人事業税とは?

A 法人が行う事業に対して課される税金です。
 課税標準(所得等)に税率をかけて算出します。

項目一覧に戻る
Q 【法人事業税 No.2】

 どのような法人が納めるものですか?

A
 都内に事務所又は事業所を設けて事業を行っている法人(公益法人等は、収益事業を行っている場合に限ります。)又は人格のない社団や財団で収益事業を行い、法人とみなされるものが納税義務者となります。 (地方税法第72条の2)

項目一覧に戻る
Q 【法人事業税 No.3】

 法人事業税の税率を教えてください。

A
 都では、超過課税を実施しており、あわせて、資本金の額(又は出資金の額)と所得等の大きさによって異なる税率を適用する不均一課税を行っています。(地方税法第72条の24の7、地方法人特別税等に関する暫定措置法第2条、東京都都税条例第33条、都税条例附則第5条の2、第5条の2の2、第23条、第24条)

法人事業税の税率の判定

画像を拡大する

※1   事業年度又は連結事業年度終了の日の現況によります。ただし、解散した法人については、「清算所得課税の廃止による、地方税の主な変更点」をご覧ください。
※2   普通法人、公益法人等、人格のない社団等及び特別法人は年所得額、収入金額課税法人は年収入金額により、それぞれ判定してください。
◆法人事業税の税率表
区分 法人の種類 所得等の区分 税率(%)
平成28年4月1日から平成31年9月30日までに開始する事業年度 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに開始する事業年度
不均一課税適用法人の税率
(標準税率)
超過税率 不均一課税適用法人の税率
(標準税率)
超過税率
所得を課税標準とする法人 普通法人、公益法人等、人格のない社団等

適軽
用減
法税
人率
年400万円以下の所得 3.4 3.65 3.4 3.65
年400万円を超え
年800万円以下の所得
5.1 5.465 5.1 5.465
年800万円を超える所得 6.7 7.18 6.7 7.18
軽減税率不適用法人
特別法人
〔法人税法別表三に掲げる協同組合等(農業協同組合、信用金庫等)及び医療法人〕


適軽
用減
法税
人率
年400万円以下の所得 3.4 3.65 3.4 3.65
年400万円を超える所得 4.6 4.93 4.6 4.93
軽減税率不適用法人
収入金額を課税標準とする法人 電気・ガス供給業又は保険業を行う法人 収入割 0.9 0.965 0.9 0.965
外形標準課税法人 地方税法第72条の2第1項第1号イに規定する法人
〔資本金の額(又は出資金の額)が1億円を超える普通法人(特定目的会社、投資法人、一般社団・一般財団法人は除く)〕


適軽
用減
法税
人率
年400万円以下の所得 (0.3) 0.395 (1.6) 1.755
年400万円を超え
年800万円以下の所得
(0.5) 0.635 (2.3) 2.53
年800万円を超える所得 (0.7) 0.88 (3.1) 3.4
軽減税率不適用法人
付加価値割 1.26 0.756
資本割 0.525 0.315
平成27年3月31日までに開始する事業年度の税率については、法人事業税の税率表(平成11年4月1日~)(PDF)をご覧ください。
(注)( )内の税率は、東京都での適用はありませんが、地方法人特別税の基準法人所得割額の計算に用います。

 地方法人特別税については「地方法人特別税の概要」をご覧ください。


項目一覧に戻る
Q 【法人事業税 No.4】

 申告と納税について教えてください。

A
 次により、都税事務所(都税支所)・支庁に地方法人特別税・法人の都民税と併せて申告して納めます。
 (地方税法第72条の25、第72条の26、第72条の28、第72条の29)

 外形標準課税については外形標準課税「申告納付及び更正決定について」をご覧ください。

申告の種類 税額 申告期限
中間申告*1 (1)予定申告 前事業年度の税額÷
前事業年度の月数x6
事業年度開始の日以後6か月を経過した日から2か月以内 
(2) 仮決算に基づく中間申告*2
仮決算の所得(収入)金額×税率*2
確定申告 所得(収入)金額×税率-中間納付額*2 ①事業年度終了の日から2か月以内
②定款等の定めなどにより定時総会が事業年度終了から2か月以内に召集されない常況にある法人は、事業年度終了の日から3か月以内*3
③連結法人は、事業年度終了の日から4か月以内*3
 ※②、③については、延長申請が必要です。
④平成22年10月1日以後に解散した法人の、残余財産が確定した場合の申告期限は、残余財産が確定した日から1か月以内と残余財産の最終分配日の前日とのいずれか早い日
平成22年9月30日以前に解散した法人の申告
*平成22年10月1日以後に解散した法人は解散後に確定申告を行います。
(1) 清算中の各事業年度が終了した場合の申告
所得(収入)金額×税率*2 事業年度終了の日から2か月以内
(2) 残余財産の一部を分配した場合の申告
分配額が解散当時の資本金等の額を超える部分×税率*2 分配の日の前日まで
(3) 残余財産が確定した場合の申告
清算所得金額×税率-清算中の予納額*2 残余財産確定の日から1か月以内と残余財産の最終分配日の前日のいずれか早い日

*1  中間申告については、法人事業税・法人都民税Q&A「中間申告について」をご覧ください。
*2   外形標準課税法人の場合は、仮決算に基づく中間申告及び確定申告では所得割額、付加価値割額、資本割額の合算額を、清算中の各事業年度が終了した場合の申告では所得割額及び付加価値割額の合算額を、残余財産の一部を分配した場合または残余財産が確定した場合の申告では所得割を申告納付します。
*3   事業年度終了の日から2か月を経過した日から延長期限までの期間も延滞金の対象となります。

関連事業 【その他 No.7】 合併を行った場合、合併解散する被合併法人の申告書はどの都税事務所に提出すればいいですか? 

項目一覧に戻る
Q 【法人事業税 No.5】

東京都と他の道府県に事務所等を有する法人の申告はどのようにしますか。

A
 2以上の都道府県に事務所等を設けて事業を行う法人が申告納付をする場合に、課税標準の総額を一定の基準で分割して関係地方団体ごとの分割課税標準額・税額を算定します。この一定の基準を分割基準といいます。(地方税法第72条の48)
   詳しくは分割基準のガイドブックをご覧ください。
 ※事業年度の途中に本都と他の道府県の間で本店移転した法人も課税標準の分割をする必要があります。


関連事業 【分割基準 No.1】分割基準とは何ですか?

項目一覧に戻る

3 法人都民税について

Q1 法人都民税・市町村民税とは?
Q2 どのような法人が納めるものですか?
Q3 法人都民税法人税割の税率を教えてください。
Q4 東京都と他の道府県に事務所等を有する法人の申告はどのようにしますか。

 




Q 【法人都民税 No.1】

 法人都民税・市町村民税とは?

A
 都内に事務所や事業所などがある法人に課税される税金で、ふつう「法人住民税」といわれます。これには都民税と市町村民税の2つがあり、それぞれ「法人税割」と「均等割」からなっています。(地方税法第24条)
 東京都23区内の法人は都の特例として、市町村民税相当分もあわせて都民税として所管の都税事務所に申告して納めます。市町村にある法人は都税事務所(都税支所)・支庁に都民税を申告して納めるほかに、各市役所・町村役場に市町村民税を申告して納めます。(地方税法第734条)
 ※法人が支払いを受ける利子等に対しては、上記とは別に都民税として「利子割」が課税されていましたが、平成28年1月1日以後に支払を受けるべき利子等については課税されません。(詳しくはこちら

項目一覧に戻る
Q 【法人都民税 No.2】

 どのような法人が納めるものですか?

A
 都内に事務所又は事業所のある法人や収益事業を行う人格のない社団や財団などです。  また、都内に寮、保養所、宿泊所、クラブなどをもつ法人や収益事業を行わない公益法人・特定非営利活動法人等も、均等割だけは課税されます。 (地方税法第24条、第25条)
 ただし、収益事業を行わない特定の公益法人等については、東京都都税条例により免除の制度があります。
関連事業 【公益法人等 No.2】公益法人等で均等割が免除になるのはどのような場合ですか?

項目一覧に戻る

Q 【法人都民税 No.3】

 法人都民税法人税割の税率を教えてください。

A
 都では、法人税割の超過課税を実施しており、あわせて資本金の額(又は出資金の額)が1億円以下で、かつ法人税額が年1,000万円以下の法人は、標準税率となる不均一課税を行っています。(地方税法第51条第1項、第314条の4、東京都都税条例第107条、第199条、都税条例附則第11条、第12条第1項)
  都民税
*1  資本金又は出資金の額が1億円以下であるかどうかの判定は、事業年度又は連結事業年度終了の日の現況によります。
 ただし、解散した法人については、「清算所得課税の廃止による、地方税の主な変更点」をご覧ください。
*2   法人税額又は個別帰属法人税額は、税額を乗じる直前の課税標準となる税額(第6号様式の「課税標準となる法人税額又は個別帰属法人税額⑤」の欄の税額)によって判断します。
 なお、2以上の都道府県に事務所等を有する法人についての法人税額又は個別帰属法人税額の判定は、分割する前の総額によります。

(注)平成22年9月30日以前に解散した法人の清算確定申告における都民税法人税割については、超過税率が適用となります。


◆都民税法人税割の税率表
区分 税率(%)
平成26年10月1日から
平成31年9月30日までに開始する事業年度
平成26年9月30日までに
開始する事業年度
不均一課税適用法人の税率
(標準税率)
超過税率 不均一課税適用法人の税率
(標準税率)
超過税率
23区内に事務所等がある場合 12.9 16.3 17.3 20.7
(道府県民税相当分3.2+市町村民税相当分9.7) (道府県民税相当分4.2+市町村民税相当分12.1) (道府県民税相当分5+市町村民税相当分12.3) (道府県民税相当分6+市町村民税相当分14.7)

市町村に事務所等がある場合

3.2 4.2 5 6

 平成26年10月1日以後に開始する事業年度から、地方法人税(国税)が創設されることに伴い、表のとおり税率が引き下げられました。

*『地方法人税』について
地方法人税は、平成26年10月1日以後に開始する事業年度から創設される国税であり、法人税の申告義務がある法人が、法人税額(所得税額控除、外国税額控除及び仮装経理に基づく過大申告の場合の更正に伴う法人税額の控除に関する規定を適用しないで計算した法人税の額)の4.4%(税率)を国(税務署)に対して申告納付します。
地方法人税の詳細については、税務署へお問い合わせください。


関連事業 【均等割 No.1】均等割の税率を教えてください。

項目一覧に戻る
Q 【法人都民税 No.4】

 東京都と他の道府県に事務所等を有する法人の申告はどのようにしますか。

A
 東京都と他の道府県又は都の23区と都内の市町村との両方に事務所等がある場合は、法人税(国税)の税額を法人の従業者数であん分し、それぞれの税率をかけて法人税割額を算出します。(地方税法第57条、第321条の13)
 詳しくは分割基準のガイドブックをご覧ください。
 ※事業年度の途中に本都と他の道府県の間又は都の23区と都内の市町村の間で本店移転した法人も課税標準の分割をする必要があります。 
関連事業 【分割基準 No.1】分割基準とは何ですか?

項目一覧に戻る

4 均等割について

Q1 均等割の税率を教えてください。
Q2 均等割の税率表にある「資本金等の額」とは何ですか?
Q3 いつの時点の資本金等の額を用いるのですか?
Q4 資本の減少や資本準備金による欠損塡補又は剰余金による損失の塡補を行った場合は、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額をどのように算定しますか。
Q5 資本の減少や資本準備金による欠損塡補又は剰余金による損失の塡補を行い、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の算定にあたって控除を行った場合に、提出が必要な書類はありますか?
Q6 会社法の規定に基づく剰余金による損失の塡補をすることを株主総会で決議した場合、当該損失の塡補に充てた金額はどの事業年度の資本金等の額から控除できますか。
Q7 合併前に無償減資により欠損塡補を行った法人を被合併法人として適格合併を行った場合、合併法人は欠損塡補に充てた金額を控除できますか。
Q8 期中に臨時決算を行い臨時計算書類に記載した純損失は、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の計算において、剰余金による損失の塡補をした場合の控除の対象となりますか。
Q9 無償増資(利益の資本組入れ)を行った場合、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額はどのように算定しますか。
Q10 無償増資(利益の資本組入れ)を行い、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の算定にあたって加算を行った場合に、提出が必要な書類はありますか?
Q11 自己株式を取得した場合、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額はどのように算定しますか。
Q12 DES(債務の株式化)を行った場合、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額はどのように算定しますか。
Q13 事業年度末日の資本金等の額(無償増資、無償減資等による損失の塡補等を行った場合は調整後の金額)が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額を均等割の税率区分の基準とするとのことですが、合算する資本準備金の金額は貸借対照表の金額ですか。
Q14 従業者とは?
Q15 従業者数の算定方法を教えてください。
Q16 アルバイトの従業者数も、Q14の方法で算定しなければなりませんか?
Q17 事業年度の中途で、事務所を設置・廃止した場合の均等割の計算方法を教えてください。
Q18 東京都以外に本店がある法人ですが、税率表の「主たる事務所等」「従たる事務所等」のどちらの税率を使いますか?
Q19 均等割額の計算に関する明細書(第6号様式別表4の3)はどのように記載したらよいですか?

 




Q 【均等割 No.1】

 均等割の税率を教えてください。

A
均等割の税率表をご覧ください。


項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.2】

 均等割の税率表にある「資本金等の額」とは何ですか?

A
資本金等の額は、法人税法第2条第16号に規定する資本金等の額又は同条第17号の2に規定する連結個別資本金等の額によるものであり、「①資本金の額又は出資金の額」と、「②株主等から法人に払い込み又は給付した財産の額で、資本金の額又は出資金の額として組み入れられなかったもの等(例:資本準備金、加入金)」の合計額(①+②)をいいます。
 ただし、平成27年4月1日以後に開始する事業年度については、無償増資、無償減資等による欠損塡補を行い地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5の規定に該当する場合は、調整後の金額となります。(【均等割】No.4~No.10参照)
 また、平成27年4月1日以後に開始する事業年度については、上記の金額が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金等の額は、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額とします(地方税法第52条第4項~6項(第312条第6項~8項)。



関連事業 ・無償増資・無償減資について【均等割】No.4~No.10
・法人事業税資本割の課税標準に関するQ&A【資本割】No.3~No.9

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.3】

 いつの時点の資本金等の額を用いるのですか?

A
申告の種類によって異なります。(地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5)
確定申告書、仮決算による中間申告書
各申告書に係る法人税額の課税標準の算定期間の末日(事業年度の末日)
予定申告書
当該予定申告にかかる6月の期間の直前の法人税額の課税標準の算定期間の末日(前事業年度の末日)
  

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.4】

 資本の減少や資本準備金による欠損塡補又は剰余金による損失の塡補を行った場合は、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額をどのように算定しますか。

A
次に該当する場合には、平成27年4月1日以後に開始する各事業年度においては、欠損の塡補又は損失の塡補に充てた金額を資本金等の額から控除します。なお、当該控除後の資本金等の額が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金等の額は、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額とします。(【均等割】No.2参照)
  • 平成13年4月1日以後平成18年4月30日までに、資本又は出資の減少により資本の欠損に塡補した場合又は旧商法第289条第1項及び第2項第2号に規定する資本準備金による欠損の塡補をした場合には、当該欠損塡補に充てた金額を資本金等の額から控除します。(地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5イ(2))
  • 平成18年5月1日以後に、会社法第447条の規定による資本金の減少又は会社法第448条の規定による資本準備金の取り崩しにより増加させたその他資本剰余金を、会社法第452条の規定により損失の塡補に充てた場合は、その他資本剰余金として計上してから一年以内に損失の塡補に充てた金額に限り、資本金等の額から控除します。なお、損失とは、損失の塡補に充てた日における確定した決算書の、その他利益剰余金の零を下回る額です。(地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5イ(3)、地方税法施行規則第1条の9の2(第9条の2の3)第2項~第4項)

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.5】

 資本の減少や資本準備金による欠損塡補又は剰余金による損失の塡補を行い、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の算定にあたって控除を行った場合に、提出が必要な書類はありますか?

A
控除の要件を満たすことを証する書類の提出が必要です。
例:
法人税申告書別表5(1)、株主資本等変動計算書、株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公告(官報の抜粋) 等

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.6】

 会社法の規定に基づく剰余金による損失の塡補をすることを株主総会で決議した場合、当該損失の塡補に充てた金額はどの事業年度の資本金等の額から控除できますか。

A
剰余金による損失の塡補が株主総会で決議され、効力が発生した日の属する事業年度から控除できます。
 ただし、平成27年4月1日以後に開始する事業年度に限ります。なお、当該控除後の資本金等の額が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金等の額は、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額とします。(【均等割】No.2参照)

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.7】

 合併前に無償減資により欠損塡補を行った法人を被合併法人として適格合併を行った場合、合併法人は欠損塡補に充てた金額を控除できますか。

A
資本の減少や資本準備金による欠損塡補又は剰余金による損失の塡補を行った法人を適格合併した場合であっても、被合併法人が欠損塡補等に充てた金額を合併法人が控除することはできません。

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.8】

 期中に臨時決算を行い臨時計算書類に記載した純損失は、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の計算において、剰余金による損失の塡補をした場合の控除の対象となりますか。

A
均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の計算において、剰余金による損失の塡補の控除対象となる「損失」とは、当該損失の塡補に充てた日におけるその他利益剰余金の額が零を下回る場合における当該零を下回る額をいいます。(地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5イ(3)、地方税法施行規則第1条の9の3(第9条の2の3)第4項)
 その他利益剰余金の額は増減する場合が限られており、当期純損失が生じたときにその額が減少することとなりますが、臨時決算による期間の損益について規定はなく、その他利益剰余金を減少させません。(会社計算規則第29条)
 したがって、臨時計算書類に記載した純損失は、その他利益剰余金を減少させないため、控除の対象とすることはできません。
 なお、会計上、その他資本剰余金による損失の塡補の対象となる利益剰余金は、各事業年度決算時の負の残高に限られています(自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準61)。

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.9】

 無償増資(利益の資本組入れ)を行った場合、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額はどのように算定しますか。

A
平成22年4月1日以後に、利益準備金又はその他利益剰余金による無償増資を行った場合、平成27年4月1日以後に開始する各事業年度においては、当該増資相当額を資本金等の額に加算します。(地方税法第23条(第292条)第1項第4号の5イ(1)、地方税法施行規則第1条の9の3(第9条の2の3)第1項)
 なお、当該加算後の資本金等の額が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金等の額は、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額とします。(【均等割】No.2参照)

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.10】

 無償増資(利益の資本組入れ)を行い、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額の算定にあたって加算を行った場合に、提出が必要な書類はありますか?

A
無償増資を行った事実及びその金額を証する書類の提出が必要です。
例:
法人税申告書別表5(1)、株主資本等変動計算書、株主総会議事録 等

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.11】

 自己株式を取得した場合、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額はどのように算定しますか。

A
自己株式を取得した場合、法人税法上の資本金等の額の減算項目に該当します。(法人税法施行令第8条第1項第20号、第21号)  均等割の税率区分の基準となる資本金等の額においても、この法人税法の取扱いに基づき資本金等の額を計算します。
 金融商品取引所の開設する市場における購入でない場合など、法人税法第24条第1項第5号~第7号に該当する取得の場合は、次の計算式により減算額を計算します。

 ただし、平成27年4月1日以後に開始する各事業年度においては、当該資本金等の額が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金等の額は、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額とします。(【均等割】No.2参照)


項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.12】

 DES(債務の株式化)を行った場合、均等割の税率区分の基準となる資本金等の額はどのように算定しますか。

A
DESを行った場合、法人税法上の資本金等の額の加算項目に該当します。(法人税法施行令第8条第1項第1号) 均等割の税率区分の基準となる資本金等の額においても、この法人税法の取扱いに基づき資本金等の額を計算します。
 ただし、平成27年4月1日以後に開始する各事業年度においては、当該資本金等の額が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金等の額は、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額とします。(【均等割】No.2参照)


項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.13】

 事業年度末日の資本金等の額(無償増資、無償減資等による損失の塡補等を行った場合は調整後の金額)が、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額に満たない場合には、資本金及び資本準備金の合算額又は出資金の額を均等割の税率区分の基準とするとのことですが、合算する資本準備金の金額は貸借対照表の金額ですか。

A
資本準備金について地方税法に特段の定義がないため、会社法に基づき貸借対照表に記載する金額となります(会社法第445条、会社計算規則第76条第4項第1号)。なお、法人税法施行令において資本準備金は会社法に依拠することとなっており(法人税法施行令第8条第1項第13号)、法人税法施行令で資本準備金そのものを増減させる規定はありません。

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.14】

 従業者とは?

A
均等割の従業者の範囲は分割基準に用いられる従業者と同意義のものです。ただし、均等割の従業者の数については、寮等の従業者数を含みます。(取扱通知(市)第2章11)
 従業者とは、原則として当該事務所等に勤務すべき者で、俸給、給料、賃金、手当、賞与その他これらの性質を有する給与の支払を受けるべき者をいい、常勤、非常勤の別は問いません。したがって、従業者には、派遣労働者や、アルバイト、パートタイマー、日雇い者、役員等も含まれます。(地方税法施行規則第6条の2の2第1項、取扱通知(県)第3章9の1、同通知(市)第2章59)


関連事業 【分割基準 No.3】従業者とは?
【分割基準 No.6】均等割の従業者の数の算定方法と同じですか?

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.15】

 従業者数の算定方法を教えてください。

A
当該特別区内にある事務所等の算定期間末日現在の従業者数の合計数を記載してください。算定期間中に新たに設置した事務所であっても、末日現在の従業者数で算定します。また、算定期間中に廃止された事務所の末日現在の従業者数は0となり、従業者に著しい変動等があった場合でも、分割基準のような月数あん分は行いません。(地方税法第312条第5項、取扱通知(市)第2章11)


関連事業 【分割基準 No.5】従業者数の算定方法を教えてください。

項目一覧に戻る

Q 【均等割 No.16】

アルバイトの従業者数も、Q14の方法で算定しなければなりませんか?

A
 従業者のうち、アルバイト、パートタイマー、日雇者(以下「アルバイト等」といいます。)については、事務所又は事業所ごとに次の方法により算定した数の合計数をもって、算定期間の末日現在の当該アルバイト等の数と取り扱っても差し支えありません。(取扱通知(市)第2章11)
 (※ア~ウの取扱いは、アルバイト等のみに適用します。なお、法人事業税・都民税法人税割の分割基準には適用しません。

ア 算定期間の末日を含む直前の1月のアルバイト等の総勤務時間数を170で除して得た数値
総勤務時間数を170で除して得た数値

イ 上記アの方法に準じて算定期間に属する各月の末日現在におけるアルバイト等の数を算定した場合において、そのアルバイト等の数のうち 最大であるものの数値が、そのアルバイト等の数のうち最小であるものの数値に2を乗じて得た数値を超える場合については、次の方法によりその数を算定することができます。

計算式

この場合における月数は、暦に従って計算し、1月に満たない端数を生じたときは、これを1月とします。(端数切り上げ)

ウ ア及びイにおいて、その算定した数に1人に満たない端数を生じたときは、これを1人とします。(端数切り上げ)

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.17】

 事業年度の中途で、事務所を設置・廃止した場合の均等割の計算方法を教えてください。

A
以下の点に留意して計算します。(地方税法第52条第3項、第312条第4項)
  • 事務所を有していた期間が1年に満たない場合は、
     「(年額×事務所を有していた月数)÷12」の算式により算出します。
  • 算出した税額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てます。
  • 月数の算定は、暦にしたがって計算し、1月に満たない端数が生じたときは切り捨てます。
     ただし、その期間の全部が1月に満たないときは、1月とします。
<計算例>
 事業年度の中途にA区からB区に移転した場合
 (決算期: 12月 移転日: 7月13日 期末従業者数: 0人(A区) 40人(B区) 資本金等の額: 1,000万円)
  
(A区分) 70,000円×6/12=35,000円
(B区分) 70,000円×5/12=29,100円
  35,000円+29,100円=64,100円

 この他の場合の計算については、均等割の計算例をご覧ください。

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.18】

 東京都以外に本店がある法人ですが、税率表の「主たる事務所等」「従たる事務所等」のどちらの税率を使いますか?

A
「主たる事務所等」とは「東京都内における主たる事務所等」を指し、「従たる事務所等」とは「東京都内における主たる事務所等以外の事務所等」を指します。他県に本店のある法人については、東京都内の事務所等の一つを「主たる事務所等」として、均等割を計算してください。(地方税法施行令第57条・都税条例第106条第2項)

項目一覧に戻る
Q 【均等割 No.19】

 均等割額の計算に関する明細書(第6号様式別表4の3)はどのように記載したらよいですか?

A
記載の仕方は均等割明細書の記載例をご覧ください。


項目一覧に戻る

5 分割基準について 詳しくは分割基準のガイドブックをご覧ください。

Q1 分割基準とは何ですか?
Q2 分割基準には何を使いますか?
Q3 従業者とは?
Q4 派遣労働者は、派遣元会社と派遣先会社のどちらの従業者の数に含めますか?
Q5 従業者数の算定方法を教えてください。
Q6 均等割の従業者の数の算定方法と同じですか?
Q7 事務所等の数の算定方法を教えてください。
Q8 事業年度中に月の末日が一度も到来しないときの事務所等の数の算定方法を教えてください。
Q9 課税標準の分割に関する明細書(第10号様式)はどのように記載したらよいですか?

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る




Q 【分割基準 No.1】

 分割基準とは何ですか?

A
 2以上の都道府県に事務所等を設けて事業を行う法人や本都の特別区と市町村に事務所等のある法人が申告納付をする場合に、課税標準の総額を一定の基準で分割して関係地方団体ごとの分割課税標準額・税額を算定します。この一定の基準を分割基準といいます。(地方税法第57条、第321条の13、第72条の48)
 ※事業年度の途中に本都と他の道府県の間若しくは本都の特別区と市町村の間で本店移転した法人も課税標準の分割をする必要があります。

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.2】

 分割基準には何を使いますか?

A
 都民税法人税割の分割基準は、算定期間(※1)末日現在における従業者の数です。(地方税法第321条の13第2項、第57条第2項)
 事業税の分割基準は、主たる事業の種目によって用いる基準が異なります。以下のアからオの区分にしたがって適用する分割基準を選択してください。(地方税法第72条の48第3項、第4項、地方税法施行規則第6条の2、第6条の2の2)
事 業 種 目 分 割 基 準 備  考
ア 下記イからオ以外の事業

建設業、通信業、卸売業、
小売業、銀行業、保険業、
証券業、不動産業、サービス業、
ソフトウェア業等
①事業等の数
及び
②従業者の数
①②それぞれの方法で按分した額(※2)の合算額が各都道府県の課税標準額になります。
①課税標準額の総額の2分の1…事業年度(※3)に属する各月の末日現在の事業所等の数を合計した数
②課税標準額の総額の2分の1…事業年度末日現在の事業所等の従業者の数
イ 製造業 従業者の数 事業年度末日現在の事業所等の従業者の数
 <資本金の額又は出資金の額が1億円以上の製造業を行う法人>
工場の従業者の数に、当該従業者の数(注)の2分の1に相当する数を加算してください。
(注)工場の従業者の数が奇数である場合には、その数に1を加えて算定してください。
◎「イ 製造業」には、日本標準産業分類(総務省作成)における以下の業種が該当します。
① E 製造業
② R サービス業(他に分類されないもの)のうち、
自動車整備業・機械修理業(電気機械器具を除く)・電気機械器具修理業
ウ 倉庫業・ガス供給業  固定資産の価額  事業年度末日現在において貸借対照表に記載されている事業所等の有形固定資産の価額(※4)
エ 電気供給業
◎電気供給業の分割基準については、こちらもご覧ください
発電事業 固定資産の価額 ①②それぞれの方法で按分した額の合算額が各都道府県の課税標準額になります。
①課税標準額の総額の4分の3…事業年度末日現在の事業所等の固定資産で発電所の用に供するものの価額(※4)
②課税標準額の総額の4分の1…事業年度末日現在の事業所等の固定資産の価額(※4)
一般送配電事業
送電事業
特定送配電事業
①電線路の電力の容量
及び
②固定資産の価額
①②それぞれの方法で按分した額の合算額が各都道府県の課税標準額になります。
①課税標準額の総額の4分の3…事業所等の所在する都道府県において、事業年度末日現在の発電所の発電用の電気工作物と電気的に接続している電圧66キロボルト以上の電線路の電力の容量(※5)
②課税標準額の総額の4分の1…事業年度末日現在の事業所等の固定資産の価額(※4)
小売電気事業 ①事業所等の数
及び
②従業者の数
①②それぞれの方法で按分した額(※2)の合算額が各都道府県の課税標準額になります。
①課税標準額の総額の2分の1…事業年度(※3)に属する各月の末日現在の事業所等の数を合計した数
②課税標準額の総額の2分の1…事業年度末日現在の事業所等の従業者の数
オ 鉄道事業・軌道事業 軌道の単線換算
キロメートル数
 事業年度末日現在における軌道の単線換算キロメートル数(※6)
分割基準の異なる事業をあわせて行う法人においては、主たる事業の分割基準を使用してください。ただし、鉄道事業若しくは軌道事業とこれら以外の事業とをあわせて行う場合は、課税標準をそれぞれの事業に係る売上金額により按分し(※2)、分割課税標準額を計算してください。

※1 法人税額の課税標準の算定期間又は連結法人税額の課税標準の算定期間(平成22年9月30日以前に解散した法人にあっては、解散の日に属する事業年度又は連結事業年度)をいいます。以下同様です。
※2 当該金額に1,000円未満の端数があるとき、又はその金額が1,000円未満であるときは、その端数金額またはその全額を切り捨ててください。
※3 平成22年9月30日以前に解散した法人の清算所得及び清算中の分割については、解散の日の属する事業年度又は連結事業年度をいいます。
※4 当該事業所等の固定資産の価額に1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨ててください。
※5 当該電線路の電力の容量に1,000キロワット未満の端数があるときは、その端数を切り捨ててください。
※6 当該軌道の単線換算キロメートル未満の端数があるときは、その端数を切り捨ててください。

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.3】

 従業者とは?

A
 従業者とは、原則として当該事務所等に勤務すべき者で、俸給、給料、賃金、手当、賞与その他これらの性質を有する給与の支払を受けるべき者をいい、常勤、非常勤の別は問いません。したがって、従業者には、派遣労働者や、アルバイト、パートタイマー、日雇い者、役員等も含まれます。(地方税法施行規則第6条の2の2第1項、取扱通知(県)第3章9の1、同通知(市)第2章59)

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.4】

派遣労働者は、派遣元会社と派遣先会社のどちらの従業者の数に含めますか?

A
 派遣労働者は派遣元会社から給与の支払いを受けますが、実際に勤務する派遣先会社の事務所等の従業者の数に含めます。(取扱通知(県)第3章9の1(2)ア、同通知(市)第2章59(2)ア)

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.5】

 従業者数の算定方法を教えてください。

A
 事業年度末日現在の事務所等の従業者数を用います。
 ただし、事業年度の中途で新設、廃止、従業者に著しい変動のあった事務所等にあっては、次に掲げる計算式により従業者数を算出します。(地方税法第72条の48第5項、第6項、第321条の13第3項、第4項、第57条第3項、第4項)
 ・その数に1人に満たない端数を生じたときはこれを1人とします。
 ・計算式中における月数は暦に従って計算し、1月に満たない端数を生じた場合は1月とします。

計算式


項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.6】

 均等割の従業者の数の算定方法と同じですか?

A
 原則として事業年度末日現在の事務所等の従業者の数を算定する点では同じです。ただし、以下の点については、異なります。
均等割の従業者の数については、寮等の従業者数を含みます。
均等割の従業者の数については、アルバイト等の特例計算(取扱通知(市)2章11)を行うことができます。
分割基準の従業者の数については、事業年度の中途で事務所等の設置、廃止又は従業者の数に著しい変動があった場合に月数あん分計算(【分割基準No.5】参照)を行います。

関連事業 【均等割 No.14】従業者数の算定方法を教えてください。
【均等割 No.15】アルバイトの従業者数も、Q13の方法で算定しなければなりませんか?

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.7】

 事務所等の数の算定方法を教えてください。

A
事務所等の数は、事業年度に属する各月の末日の数値を合計した数値です。つまり、各月末日時点で属する事務所等の数を足しあげたものです。例えば、1つの事務所が一年間あったならば、1ヶ所×12ヶ月⇒事務所等の数は12となります。

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.8】

 事業年度中に月の末日が一度も到来しないときの事務所等の数の算定方法を教えてください。

A
解散や、合併、決算期変更等があり、事業年度の期間が1月に満たないで、しかも、その事業年度中に一度も月の末日が含まれない場合には、事業年度末日の事務所等の数となります。

項目一覧に戻る
Q 【分割基準 No.9】

 課税標準の分割に関する明細書(第10号様式)はどのように記載したらよいですか?

A
記載の仕方は課税標準の分割に関する明細書の記載例をご覧ください。

項目一覧に戻る

6 公益法人等について

Q1 公益法人等であっても均等割はかかるのですか?
Q2 公益法人等で均等割が免除になるのはどのような場合ですか?
Q3 公益法人等で均等割が免除になる場合の手続を教えてください。
Q4 平成20年の公益法人制度改革により、地方税の取扱いはどのようになっていますか?

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る




Q 【公益法人等 No.1】

 公益法人等であっても均等割はかかるのですか?

A
 法人税法別表第二に掲げられる公益法人等及び個別法により公益法人等とみなされる法人については、収益事業を行わない限り事業税及び都民税法人税割は非課税となっていますが(地方税法第24条第5項、第294条第7項、第72条の5第1項)、地方税法第25条第1項(第296条第1項)により住民税が非課税となっているものを除き、収益事業を行わない場合であっても均等割は課税されます。その場合、毎年4月1日から3月31日までの期間についての均等割を、4月30日までに均等割申告書(第11号様式)により申告納付します。
 ※収益事業を行う場合は、各事業年度終了から2ヶ月以内に、第6号様式により、法人事業税・地方法人特別税・法人都民税を申告する必要があります。

関連事業 【公益法人等 No.4】平成20年の公益法人制度改革により、地方税の取扱いはどのようになっていますか?

項目一覧に戻る
Q 【公益法人等 No.2】

 公益法人等で均等割が免除になるのはどのような場合ですか?

A
 東京都では、収益事業を行わない特定の公益法人等について東京都都税条例により、都民税均等割の免除を行っています。(都税条例第117条の2、第206条)
 免除の対象となるのは、公益財団法人、公益社団法人、都税条例施行規則第29条の4に定める法人(特定非営利活動法人(NPO法人)、管理組合法人、団地管理組合法人、マンション建替組合、マンション敷地売却組合、認可地縁団体、弁護士会、日本弁護士連合会、日本弁理士会、税理士会、日本税理士会連合会、日本公認会計士協会、土地家屋調査士会、日本土地家屋調査士会連合会、行政書士会、日本行政書士会連合会)です。
 また、特例民法法人(財団法人・社団法人)については、事業活動がもっぱら社会全体の利益の増進に寄与することを目的として行っている場合は免除申請することができます。

項目一覧に戻る
Q 【公益法人等 No.3】

 公益法人等で均等割が免除になる場合の手続を教えてください。

A
 均等割の免除申請を行う法人は、毎年4月30日までに均等割申告書(第11号様式)とあわせて、均等割免除申請書(都税条例規則第139号様式)を所管の都税事務所(都税支所)・支庁に提出してください。提出期限までにご提出いただけない場合は、免除を受けることができません。また、特例民法法人の場合は、最近の会計報告書および事業内容に関する資料を添付して下さい。 

項目一覧に戻る
Q 【公益法人等 No.4】

 平成20年の公益法人制度改革により、地方税の取扱いはどのようになっていますか?

A
 平成20年12月1日より、旧民法34条により設立された従来の社団法人・財団法人は廃止され、登記だけで設立できる一般社団法人・一般財団法人と、行政庁により公益認定を受けた公益社団法人・公益財団法人が創設されました。一般社団・財団法人、公益社団・財団法人の課税関係は以下のとおりです。

図

 また、法人の名称や法人の区分が変更となった場合、収益事業を開始又は廃止した場合は、所管の都税事務所等に異動届出書を提出してください。(異動届の記載例)
  (添付書類の例)
    ・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)の写し
    ・税務署に提出した届出書の写し等

関連事業 【公益法人等 No.2】公益法人等で均等割が免除になるのはどのような場合ですか?

項目一覧に戻る

7 外形標準課税について

外形標準課税についてのQ&Aをご覧ください。



8 収入金額課税の対象(電気供給業・ガス供給業)となる法人について

凡例
「法」・・・・・・地方税法
「令」・・・・・・地方税法施行令
「規」・・・・・・地方税法施行規則
「取扱通知」・・・地方税法の施行に関する取扱いについて(道府県税関係)

Q1 電気供給業のみを行う法人ですが、法人事業税はどのように申告しますか?
Q2 平成28年4月1日から電力の小売全面自由化が開始となりました。当社は経済産業大臣の登録を受けて一般家庭向けに電気を販売する小売電気事業者ですが、この場合、法人事業税においては「電気供給業」に該当しますか?
Q3 電気供給業を行うために設立された法人ですが、発電施設の建設を行っているだけで、まだ、電気供給を開始していない事業年度の課税はどうなりますか?
Q4 日本卸電力取引所を通して電気を売却しています。この売却による収入は、収入割の課税標準となる収入金額に含まれますか?
Q5 太陽光発電設備により発電し売電している法人です。その太陽光発電設備は、他の電気事業者から購入した電気で稼働しているのですが、設備の稼働に係る電気の購入代金は、「控除すべき金額」に該当しますか?
Q6 日本卸電力取引所を通して電気を売却しています。取引所からは、売買代金から売買手数料を差し引いた差額が支払われていますが、課税標準額の算定にあたっては、手数料を差し引いた後の金額を「収入すべき金額」とすればよいですか?
Q7 電気供給業を行う法人ですが、電気を供給するにあたり一部分を日本卸電力取引所を通じて購入しています。取引の際に購入代金以外の売買手数料が生じていますが、課税標準額の算定にあたっては、どのように扱えばよいですか?
Q8 主たる事業が電気供給業である法人です。無人の発電設備のみが設置されていて、事務所又は事業所が所在しない県があります。この県にはどのように申告すべきでしょうか?
Q9 所得等課税事業と電気供給業を併せて行っている場合、繰越欠損金を控除できるのは所得等課税事業に区分された部分だけですか?
Q10 新しく電気供給業を開始しましたが、異動届は必要ですか?
Q11 今期の途中から、従来の事業とあわせて収入金額課税事業(電気供給業)を開始しました。分割基準はいままでは事務所等の数と従業者数を使用していましたが、今期の申告に係る分割基準はいままでと同じでよいでしょうか?
Q12 当社は、再生可能エネルギーで発電した電気の買取を行っていることから、費用負担調整機関より交付金を受け取っています。この受け取った交付金は収入割の課税標準となる収入金額に含めますか?
Q13 いままで法人事業税について所得割、付加価値割及び資本割を申告していましたが、今期の途中から、従来の事業とあわせて電気供給業を開始しました。法人事業税はどのように申告すべきでしょうか?

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る



Q 【収入金額課税対象の法人 No.1】

 電気供給業のみを行う法人ですが、法人事業税はどのように申告しますか?

A
 収入金額を課税標準とする収入割を申告してください。具体的な計算方法はこちらをご覧ください。

項目一覧に戻る
Q 【収入金額課税対象の法人 No.2】

 平成28年4月1日から電力の小売全面自由化が開始となりました。当社は経済産業大臣の登録を受けて一般家庭向けに電気を販売する小売電気事業者ですが、この場合、法人事業税においては「電気供給業」に該当しますか?

A
 該当します。地方税法における「電気供給業」とは、現に電気を供給する実態のある事業をいいます。   
 この他、例えば以下の場合においても、電気を供給する実態がある事業として「電気供給業」に該当しますので、ご留意ください。
  ①再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用し、太陽光発電設備により売電を開始した場合
  ②発電設備等が一定規模未満で電気事業法上届出が不要だが、発電し電気を供給している場合
  ③自社工場で発電した電気の一部分を子会社へ供給している場合

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.3】

 電気供給業を行うために設立された法人ですが、発電施設の建設を行っているだけで、まだ、電気供給を開始していない事業年度の課税はどうなりますか?

A
 現に電気の供給を行っていない間は、法人事業税における「電気供給業」には該当しません。
 所得割(資本金1億円超の場合は、付加価値割及び資本割も含む。)により、申告してください。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.4】

 日本卸電力取引所を通して電気を売却しています。この売却による収入は、収入割の課税標準となる収入金額に含まれますか?

A
 含まれます。(一般社団法人日本卸電力取引所 取引規定第8条3)
 なお、電気を供給するにあたり、その供給する電気を日本卸電力取引所を通じて購入している場合、収入割の課税標準の算定にあたっては、その購入代金は「控除すべき金額」に該当します。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.5】

 太陽光発電設備により発電し売電している法人です。その太陽光発電設備は、他の電気事業者から購入した電気で稼働しているのですが、設備の稼働に係る電気の購入代金は、「控除すべき金額」に該当しますか?

A
 該当しません。他の電気供給業を行う法人から供給を受けた電気を自己で消費している場合には、当該消費に係る電気料金については控除の対象とすることができません。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.6】

 日本卸電力取引所を通して電気を売却しています。取引所からは、売買代金から売買手数料を差し引いた差額が支払われていますが、課税標準額の算定にあたっては、手数料を差し引いた後の金額を「収入すべき金額」とすればよいですか?

A
 売買代金から取引所に支払う売買手数料(一般社団法人日本卸電力取引所取引規程第24条)が差し引かれている場合には、当該手数料を差し引く前の金額を「収入すべき金額」としてください。なお、当該売買手数料は「控除すべき金額」には該当しません。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.7】

 電気供給業を行う法人ですが、電気を供給するにあたり一部分を日本卸電力取引所を通じて購入しています。取引の際に購入代金以外の売買手数料が生じていますが、課税標準額の算定にあたっては、どのように扱えばよいですか?

A
 購入代金とあわせて取引所に支払う売買手数料(一般社団法人日本卸電力取引所取引規程第24条)は「控除すべき金額」には該当しません。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.8】

 主たる事業が電気供給業である法人です。無人の発電設備のみが設置されていて、事務所又は事業所が所在しない県があります。この県にはどのように申告すべきでしょうか?

A
 法人事業税は、事務所又は事業所の所在する都道府県に対して納税義務があります。無人の発電設備は事務所又は事業所に該当しませんので、当該設備のみが所在する県には申告義務はありません。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.9】

 所得等課税事業と電気供給業を併せて行っている場合、繰越欠損金を控除できるのは所得等課税事業に区分された部分だけですか?

A
 そのとおりです。所得等課税事業に区分された欠損金のみを、翌期以降の所得等課税事業に区分された所得金額から控除することができます。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.10】

 新しく電気供給業を開始しましたが、異動届は必要ですか?

A
 事業の変更は届出事項ですので、その旨の異動届出書を提出してください。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.11】

 今期の途中から、従来の事業とあわせて収入金額課税事業(電気供給業)を開始しました。分割基準はいままでは事務所等の数と従業者数を使用していましたが、今期の申告に係る分割基準はいままでと同じでよいでしょうか?

A
 主たる事業の分割基準により課税標準額を分割してください。 主たる事業の判定に当たっては、それぞれの事業のうち売上金額の最も大きいものを主たる事業としてください。これによりがたい場合には、従業者の配置、施設の状況等により企業活動の実態を総合的に判断のうえ主たる事業を判定してください。
※平成29年3月31日以降終了する事業年度について、法人事業税について電気供給業の分割基準が一部変更されました。詳しくはこちらをご覧ください。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.12】

 当社は、再生可能エネルギーで発電した電気の買取を行っていることから、費用負担調整機関より交付金を受け取っています。この受け取った交付金は収入割の課税標準となる収入金額に含めますか?

A
 費用負担調整機関より受け取った交付金は、収入金額に含めます。

項目一覧に戻る

Q 【収入金額課税対象の法人 No.13】

 いままで法人事業税について所得割、付加価値割及び資本割を申告していましたが、今期の途中から、従来の事業とあわせて電気供給業を開始しました。法人事業税はどのように申告すべきでしょうか?

A
 収入金額課税事業と所得等課税事業をあわせて行う法人は、それぞれの事業に関する経理を区分し、収入金額課税事業には収入割を、所得等課税事業には所得割、付加価値割及び資本割を課することになります。
 区分経理したところに従い、各割の課税標準額を計算しますが、両事業部門に共通する収入金額又は経費等がある場合には、これらを妥当と認められる基準により按分して、両事業部門に配賦します。
※なお、資本割の計算についてはこちらをご覧ください。

項目一覧に戻る



9 医療法人等の申告について

凡例
「法」・・・・・・地方税法
「令」・・・・・・地方税法施行令
「規」・・・・・・地方税法施行規則
「取扱通知」・・・地方税法の施行に関する取扱いについて(道府県税関係)

Q1 医療法人の所得の計算において、按分計算で用いる社会保険診療に係る収入金額、その他の収入金額とはそれぞれどのようなものがありますか?
Q2 介護保険の自己負担部分(1割又は2割)につき市町村等の公費負担制度がある場合の公費分は、社会保険診療に係る収入金額に含まれますか?
Q3 医療法人の所得の計算において、償却資産売却益について「その他の収入に含む」とされる「超える部分」の基準となるのは、「簿価」ではなく「取得価額」ですか?
Q4 医療法人の所得の計算において、「その他の収入」に含めないとされる「消費税」は、具体的には、どのように計算し、どのように記載するのですか?

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る



Q 【医療法人等 No.1】

 医療法人の所得の計算において、按分計算で用いる社会保険診療に係る収入金額、その他の収入金額とはそれぞれどのようなものがありますか?

A
 医療法人等に係る所得金額の計算書 記載の手引を参照してください。

項目一覧に戻る
Q 【医療法人等 No.2】

 介護保険の自己負担部分(1割又は2割)につき市町村等の公費負担制度がある場合の公費分は、社会保険診療に係る収入金額に含まれますか?

A
 法第72条の23第3項第4号に列挙されている社会保険診療に含まれる介護保険の各種サービスに係る自己負担分(介護給付(報酬)の1割又は2割)を公費負担した分については、「社会保険分の医療収入金額」(計算書下段左側)に該当し、これ以外の介護保険のサービス(福祉系サービスや居住費・食費部分)に係る自己負担分の公費負担については、「その他の収入金額」に該当します。介護保険のサービスのうち、「社会保険診療」に含まれるか否かについては、記載の手引に一覧表で示してあります。
 また、生活保護法の規定(介護療養施設サービスについては健康保険法等の一部を改正する法律(平成18年法律第83号)附則第91条による改正前の生活保護法の規定)に基づく介護扶助のための介護についても、記載の手引の一覧表で「社会保険診療」に含まれるとされるものについてのみ「社会保険診療」に含まれます。(法第72条の23第3項第2号)

項目一覧に戻る
Q 【医療法人等 No.3】

 医療法人の所得の計算において、償却資産売却益について「その他の収入に含む」とされる「超える部分」の基準となるのは、「簿価」ではなく「取得価額」ですか?

A
 取得価額(簿価+減価償却累計額)です

項目一覧に戻る
Q 【医療法人等 No.4】

 医療法人の所得の計算において、「その他の収入」に含めないとされる「消費税」は、具体的には、どのように計算し、どのように記載するのですか?

A
 税込経理を採用している場合(課税事業者に限ります。)は、医療法人等の所得金額の計算書の下段部分右側「その他の収入金額」のうちに「消費税額」が含まれている場合があります。その場合、消費税申告書の「①及び②の内訳」の課税標準額の欄に記載した各課税標準額に対し、消費税率(地方消費税の税率を含みます。)を掛けて算出した金額に相当する金額を、控除額(△の数字)として「その他の収入金額」欄に記載してください。
 ただし、その他の収入金額に含めなかった収入金額に対応する消費税額は控除額としないでください。

項目一覧に戻る


10 課税標準の区分計算を必要とする法人の申告について

凡例
「法」・・・・・・地方税法
「令」・・・・・・地方税法施行令
「規」・・・・・・地方税法施行規則
「取扱通知」・・・地方税法の施行に関する取扱いについて(道府県税関係)

Q1 新しく外国に支店を設置しましたが、異動届は必要ですか?
Q2 外国に子会社を設立して、事業を行っています。子会社は、PEに該当しますか?
Q3 外国に拠点を有しており、現地社員を雇入れていますが、現地では課税されていません。現地社員へ支払う給与については、外国の事業に帰属する付加価値額として控除してよいですか?
Q4 外国の貸しビルのオーナーとなり、賃貸料収入があり、これに対して不動産所得に対する外国法人税が課税されています。当該国に支店は設置していませんが、この貸しビル自体がPEと認定されているといえるのではないでしょうか?
Q5 アメリカで組成されたリミテッドパートナーシップのリミテッドパートナーとなっています。パートナーシップの事業は、恒久的施設に該当しますか?
Q6 外国に支店を有していますが、国外所得を区分又は按分して計算するのが手間ですし、国外所得は欠損なので、国外所得の控除計算は行わないで、よいでしょうか?
Q7 特定内国法人において翌事業年度以降控除できる繰越欠損金は、外国の事業に帰属する欠損金を控除した額ですか?
Q8 PEを廃止した事業年度より後の事業年度においてPEに帰属する事業に係る外国法人税等の課税を受けました。地方税法施行令第21条の4により、法人事業税の所得割の課税標準の算定上、減算してよいでしょうか?
Q9 PEを廃止した事業年度より後の事業年度においてPEに帰属する事業に係る外国法人税等の還付を受けました。令21条の4により、法人事業税の所得割の課税標準の算定上、加算するのでしょうか?
Q10 特定外国子会社の合算課税の規定(租税特別措置法66条の6以降)の適用を受けました。これにより加算された金額は、外国の事業に帰属する所得として法人事業税の課税標準の算定において所得から除外できますか?
Q11 恒久的施設かどうか判断する資料として、どのようなものがありますか?
Q12 法人税で外国税額控除の適用があり、別表6(2)付表1を作成していますが、簡便的に従業者数の按分により外国の事業に帰属する所得を計算することはできますか?
Q13 法人税で外国税額控除の適用があり、別表6(2)付表1を作成しています。《外国の事業に帰属する所得 の計算式》において、PEに帰属する事業に係る外国法人税を減算していますが、これはなぜですか?
Q14 当社は子会社の管理業務を行う資本金2億円の内国法人ですが、その子会社が国内で鉱区を保有し、鉱物の採掘事業を行っています。当社は非課税事業を行う法人として所得等課税事業(外形標準課税対象)との区分計算をする必要がありますか?

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る



Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.1】

 新しく外国に支店を設置しましたが、異動届は必要ですか?

A
 必要です。新たな恒久的施設(以下、「PE」といいます)としての認定を受けて、外国の事業に帰属する所得等を控除するには、PEとして認定できる書類の提出もあわせてお願いします。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.2】

 外国に子会社を設立して、事業を行っています。子会社は、PEに該当しますか?

A
 通常、子会社は、PEには該当しません。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.3】

 外国に拠点を有しており、現地社員を雇入れていますが、現地では課税されていません。現地社員へ支払う給与については、外国の事業に帰属する付加価値額として控除してよいですか?

A
 外国に拠点があっても、準備的・補助的業務等のみを行う場所についてはPEとしないとする規定が地方税法(地方税法施行令第10条第2項第3号)にも、各租税条約にもあります。これに該当する場合には、拠点があってもPEとはならず、現地社員に対する給与もすべて課税標準となる付加価値額に含めてください。同様に、現地における活動に係る支払利子・受取利子その他についても、すべて課税標準に含めます。
  ただし、免税規定が適用されているなどの特別な事情がある場合は、別途ご相談ください。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.4】

 外国の貸しビルのオーナーとなり、賃貸料収入があり、これに対して不動産所得に対する外国法人税が課税されています。当該国に支店は設置していませんが、この貸しビル自体がPEと認定されているといえるのではないでしょうか?

A
 外国に貸しビルを所有しているのみではPEと認定されることはありません。通常、どの国でも、PEの有無に関わらず、外国法人の不動産所得に対しては課税がなされるしくみになっています。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.5】

 アメリカで組成されたリミテッドパートナーシップのリミテッドパートナーとなっています。パートナーシップの事業は、恒久的施設に該当しますか?

A
 リミテッドパートナーには業務執行権などがなく、外国で事業を行っているとは認定できませんので、恒久的施設には該当しません。また、ゼネラルパートナーがリミテッドパートナーの代理人PEに該当するとの認定もできません。(リミテッドパートナー自身の契約権限を代理しているわけではなく、また、外国での事業活動の法的効果がリミテッドパートナーに帰属するといえないからです。)

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.6】

 外国に支店を有していますが、国外所得を区分又は按分して計算するのが手間ですし、国外所得は欠損なので、国外所得の控除計算は行わないで、よいでしょうか?

A
 国外所得が欠損であった場合においても、区分計算は必要となります。特定内国法人のガイドブックをご参照のうえ、区分計算を行ってください。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.7】

 特定内国法人において翌事業年度以降控除できる繰越欠損金は、外国の事業に帰属する欠損金を控除した額ですか?

A
 そのとおりです。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.8】

 PEを廃止した事業年度より後の事業年度においてPEに帰属する事業に係る外国法人税等の課税を受けました。地方税法施行令第21条の4により、法人事業税の所得割の課税標準の算定上、減算してよいでしょうか?

A
 PEに帰属する事業に係る外国法人税等は、法人事業税の課税標準に含まれていない外国の所得に係る外国法人税等ですから、PEを廃止した事業年度後であっても減算は認められません。PEに帰属する所得の計算上、PEに帰属する経費となります。(すなわち、法人事業税の課税標準である所得の計算上は損金不算入となります。)

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.9】

 PEを廃止した事業年度より後の事業年度においてPEに帰属する事業に係る外国法人税等の還付を受けました。令21条の4により、法人事業税の所得割の課税標準の算定上、加算するのでしょうか?

A
 PEに帰属する事業に係る外国法人税等は、法人事業税の課税標準に含まれていない外国の所得に係る外国法人税等ですから、PEを廃止した事業年度後であっても、加算する必要はありません。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.10】

 特定外国子会社の合算課税の規定(租税特別措置法66条の6以降)の適用を受けました。これにより加算された金額は、外国の事業に帰属する所得として法人事業税の課税標準の算定において所得から除外できますか?

A
 特定外国子会社は、貴社のPEではありませんので、法人事業税の課税標準の算定において除外することはできません。また、この租税特別措置法は、特定外国子会社を貴社のPEとする規定でもありません。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.11】

 恒久的施設かどうか判断する資料として、どのようなものがありますか?

A
 恒久的施設では、賃貸借契約や営業許可等の事実だけでなく、その施設等で現に継続的な事業活動が行われている必要があります。
 このため、恒久的施設に該当するかどうかの確認資料として、例えば、外国の事業に係る社内報告書、往復書類、予算実績管理表、社内稟議書、送金記録などがあります。
 このほか、都税事務所から確認資料のご提出をお願いする場合があります。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.12】

 法人税で外国税額控除の適用があり、別表6(2)付表1を作成していますが、簡便的に従業者数の按分により外国の事業に帰属する所得を計算することはできますか?

A
 できません。《外国の事業に帰属する所得の計算式》により計算した金額を記載してください。  原則として、法人税について外国税額控除に関する事項を記載した申告書を提出している場合は、区分計算が困難であるとは認められません。(総務省通知 事業税における国外所得等の取扱いについて 6(1))

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.13】

 法人税で外国税額控除の適用があり、別表6(2)付表1を作成しています。《外国の事業に帰属する所得の計算式》において、PEに帰属する事業に係る外国法人税を減算していますが、これはなぜですか?

A
 法人税では、税額控除の対象とした外国法人税額は損金不算入となることから、国外事業所等帰属所得の計算においても、PEに帰属する事業に係る外国法人税を加算します。
 一方で、法人事業税では外国税額控除の制度がないことから、法人税で損金不算入となる税額控除の対象とした外国法人税額を損金とします。このため、外国の事業に帰属する所得の計算上、PEに帰属する事業に係る外国法人税を減算します。

項目一覧に戻る
Q 【課税標準の区分計算を必要とする法人 No.14】

 当社は子会社の管理業務を行う資本金2億円の内国法人ですが、その子会社が国内で鉱区を保有し、鉱物の採掘事業を行っています。当社は非課税事業を行う法人として所得等課税事業(外形標準課税対象)との区分計算をする必要がありますか?

A
 非課税事業とは事業税を課すことができない事業をいい、その事業の1つに鉱物の採掘事業が規定されています(法72条の4第2項第2号)。この鉱物の採掘事業とは、鉱業法第3条に掲げる鉱物(金、銀、石油、石灰石、可燃性天然ガス等)を採掘し、これを販売する事業をいいます。この規定は、鉱物の採掘事業に対し採掘した鉱物の価格を課税標準として鉱産税が課されることから、二重課税を防止する目的で設けられています。  
 この場合、貴社が行う管理業務は非課税事業に該当しないことから、区分計算は必要なく、所得等課税事業について申告を行うこととなります。

外形標準課税対象法人の方は、<外形標準課税に関するQ&A>課税標準の区分計算を要する法人をあわせてご覧ください。

項目一覧に戻る

11 中間申告について

Q1 中間申告の必要があるのはどのような法人ですか。
Q2 中間申告の種類について教えてください。
Q3 中間申告の税額はどのように計算しますか。
Q4 2以上の都道府県に事務所等を有する法人の予定申告税額の計算方法を教えてください。

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る




Q 【中間申告 No.1】

 中間申告の必要があるのはどのような法人ですか。

A
 事業年度が6か月を超える法人は中間申告の義務があり、事業年度開始の日以後6か月を経過した日から2か月以内に申告する必要があります。
 ただし、以下の法人は、中間申告義務がありません。
  1. 所得を課税標準とする法人(連結申告法人を除く。)で、法人税の中間申告義務がない法人
  2. 所得を課税標準とする連結申告法人で、前事業年度の連結法人税個別帰属支払額等を基準とする6か月相当額が10万円以下の法人
    ※1又は2に該当する場合であっても、外形標準課税法人又は収入金額課税法人は、法人事業税の中間申告義務があります。
  3. 特別法人(※法人税の中間申告義務がある法人は、法人都民税のみ中間申告義務があります。)
  4. 清算中の法人(清算中の各事業年度について)

関連事業 外形標準課税に関するQ&A「11 中間申告」

項目一覧に戻る
Q 【中間申告 No.2】

 中間申告の種類について教えてください。

A
 中間申告には、前事業年度の税額を基とする「予定申告」と「仮決算による中間申告」の2種類の方法があります。どちらを選択するかは任意ですが、以下の法人は、仮決算に基づく中間申告を行うことができません。
  1. 仮決算による中間申告税額が予定申告に係る法人事業税額を超えている法人
  2. 所得割を申告納付する連結申告法人

関連事業 【その他 No.3】平成23年6月の税制改正で仮決算による中間申告の見直しが行われましたが、どのような内容ですか。

項目一覧に戻る
Q 【中間申告 No.3】

 中間申告の税額はどのように計算しますか。

A

 (1)予定申告
  1. 法人事業税・地方法人特別税
    前事業年度の税額÷前事業年度の月数×6
  2. 都民税法人税割
    前事業年度の税額×6÷前事業年度の月数
  3. 均等割
     算定期間(事業年度開始の日から6か月間)の実績により計算します。算定期間中に、事務所等
     又は寮等の設置又は廃止があった場合は、事務所等又は寮等を有していた月数に基づいて計算します。
     ただし、税率の判定に用いる資本金等の額は、前事業年度末のものになります。
 (2)仮決算による中間申告
  事業年度開始の日から6か月間を1事業年度とみなして仮決算を行い、税額を計算します。
関連事業 【均等割 No.3】いつの時点の資本金等の額を用いるのですか?

項目一覧に戻る
Q 【中間申告 No.4】

 2以上の都道府県に事務所等を有する法人の予定申告税額の計算方法を教えてください。

A
 2以上の都道府県に事務所等を有する法人は、原則として、関係都道府県ごとの前事業年度の税額を基に、予定申告税額を計算します。
 ただし、法人事業税については、事務所等の移動があった場合や、分割基準が前事業年度の数値と著しく異なる場合には、以下の計算式により計算することもできます(地方税法第72条の48第2項)。 計算式

項目一覧に戻る

12 更正の請求について

Q1 法人税において更正の請求をするつもりですが、地方税にも同時に更正の請求をする必要がありますか?
Q2 複数の都道府県に事務所等を有する法人ですが、本店所在の都道府県以外にも更正の請求をする必要がありますか?
Q3 分割基準の修正があったため更正の請求をしたいのですが、添付資料は何が必要ですか?

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る




Q 【更正の請求について No.1】

 法人税において更正の請求をするつもりですが、地方税にも同時に更正の請求をする必要がありますか?

A
 法人事業税の所得割及び法人都民税の法人税割は、法人税において確定した所得金額及び法人税額により計算するため、法人税において更正を受けるまで地方税の更正ができません。法人税の更正を理由とした地方税の更正の請求を行う場合は、法人税において更正があった日から2ヶ月以内に、法人事業税・地方法人特別税・法人都民税 更正請求書(第10号の3様式)に法人税の更正通知書の写しを添付して、所管の都税事務所等へ提出してください。
 なお、地方税の更正の請求を行わない場合であっても、法人税において更正があった場合は、法人税の更正により確定した所得金額及び法人税額に基づき更正します。ただし、法人税の更正内容を確認するため法人税の更正通知書の写しの提出をお願いする場合がありますので、その際はご対応ください。

項目一覧に戻る
Q 【更正の請求について No.2】

  複数の都道府県に事務所等を有する法人ですが、本店所在の都道府県以外にも更正の請求をする必要がありますか?

A
本店・支店が所在する都道府県それぞれに更正の請求をすることはできますが、更正の請求をしない場合であっても、本店が所在する都道府県での処理による通知に基づき、支店の所在する都道府県で職権による更正を行います。

項目一覧に戻る
Q 【更正の請求について No.3】

 分割基準の修正があったため更正の請求をしたいのですが、添付資料は何が必要ですか?

A
 東京が本店である場合は、法人事業税・地方法人特別税・法人都民税 更正請求書(第10号の3様式)及び分割基準の修正に関する届出書(第10号の2様式)とあわせて分割基準の誤りと正しい数値を確認できる書類を添付して、所管の都税事務所等へ提出してください。  
東京が支店である場合は、法人事業税・地方法人特別税・法人都民税 更正請求書(第10号の3様式)とあわせて、本店所在の道府県に提出した分割基準の修正に関する届出書(第10号の2様式)の控えの写しを添付してください。

項目一覧に戻る

13 その他

Q1 平成21年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰戻還付制度が復活しましたが、地方税にも同様の規定がありますか。
Q2 平成22年度の税制改正により、清算所得課税が廃止されましたが、地方税ではどのような点が変更になっていますか。
Q3 平成23年6月の税制改正で仮決算による中間申告の見直しが行われましたが、どのような内容ですか。
Q4 平成28年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰越控除限度額についての規定が改正されましたが、地方税についても同様の規定がありますか。
Q5 平成28年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰越期間が9年から10年に延長されましたが、地方税についても同様の規定がありますか。
Q6 復興特別所得税額について、法人税で税額控除を受けずに損金算入する場合、法人事業税における所得の金額はどのように計算しますか(平成26年4月1日以後に開始する事業年度について)。
Q7 合併を行った場合、合併解散する被合併法人の申告書はどの都税事務所に提出すればいいですか。
Q8 東京都から送付される法人事業税・地方法人特別税・法人都民税に関する申告書用紙等(以下「申告書用紙等」といいます。)が必要ないのですが、送付をやめてもらうことはできますか。

 

法人事業税・都民税 Q&A項目一覧へ戻る




Q 【その他 No.1】

 平成21年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰戻還付制度が復活しましたが、地方税にも同様の規定がありますか。

A
地方税においては、欠損金の繰戻還付制度はありません。法人事業税、法人都民税(法人税割)とも繰越控除を行います。
 法人事業税では、法人税の繰戻し還付の基礎となった欠損金額を、その後の9年間(平成30年4月1日以後開始する事業年度において生じた欠損金額については10年)の各事業年度に繰り越して控除します。控除を行う際は、欠損金額等及び災害損失金の控除明細書(第6号様式別表9)を申告書に添付してください。この場合、法人税の繰越欠損金額と差異が生じます。
 法人都民税(法人税割)では、還付を受けた法人税額を、その後の9年間(平成30年4月1日以後開始する事業年度について還付を受けた場合は10年)の各事業年度で、法人税割の課税標準である法人税額から控除します。控除を行う際は、控除対象還付法人税額または、控除対象個別帰属還付税額の控除明細書(第6号様式別表2の3)を申告書に添付してください。(地方税法第321条の8第12、15項(第53条第12、15項))

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.2】

 平成22年度の税制改正により、清算所得課税が廃止されましたが、地方税ではどのような点が変更になっていますか。

A
 解散した法人の申告についての変更点は、以下のとおりです。
図
 ※東京都では超過課税を実施しています。税率の適用要件等は、東京都都税条例で定められています。

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.3】

 平成23年6月の税制改正で仮決算による中間申告の見直しが行われましたが、どのような内容ですか。

A
 法人事業税について、平成23年4月1日以後開始する事業年度の中間申告から、仮決算による中間申告税額が、予定申告に係る事業税額を超えている場合は、仮決算による中間申告はできません。その場合は予定申告していただくことになります。また、法人税でも同様の改正がされているため、法人税で仮決算による中間申告ができない場合には、法人都民税も仮決算による中間申告はできず、予定申告をしていただくことになります。(地方税法第72条の26第1項、法人税法第72条、第81条の20)

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.4】

 平成28年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰越控除限度額についての規定が改正されましたが、地方税についても同様の規定がありますか。

A
 法人事業税における欠損金(*)の繰越控除に関しては、地方税法施行令第20条の3の規定により、法人税法における欠損金の控除の規定(法人税法第57条から第59条まで)を読み替えて適用していますので、法人税と同様の制度になります。
具体的には、下表のとおりとなります。
対象事業年度 控除限度額
平成24年4月1日から平成27年3月31日までに開始する事業年度 所得金額の80%相当額
平成27年4月1日から平成28年3月31日までに開始する事業年度 所得金額の65%相当額
平成28年4月1日から平成29年3月31日までに開始する事業年度 所得金額の60%相当額
平成29年4月1日から平成30年3月31日までに開始する事業年度 所得金額の55%相当額
平成30年4月1日以後に開始する事業年度 所得金額の50%相当額

ただし、中小法人等(下記ア~オのいずれか)に該当する場合には、従前どおり繰越控除前の(個別)所得金額の全額について欠損金の控除を行なうことができます。
ア 普通法人のうち資本金の額・出資金の額が1億円以下であるもの
 (資本金の額又は出資金の額が5億円以上である大法人等との間にその法人による完全支配関係がある法人を除きます。)
イ 普通法人のうち資本若しくは出資を有しないもの
 (保険業法に規定する相互会社を除きます。)
ウ 法人税法第2条第6号に規定する公益法人等
エ 法人税法第2条第7号に規定する協同組合等
オ 法人税法第2条第8号に規定する人格のない社団等

(*) 青色申告書を提出した事業年度の欠損金、青色申告書を提出しなかった事業年度の災害損失金、連結申告法人における欠損金額・個別欠損金額をいいます(ただし、法人事業税の所得の計算上、加算・減算調整がある場合や自主決定法人である場合などは、法人税の欠損金の額と相違が生じる場合があります。)

 なお、法人都民税における控除対象個別帰属調整額、控除対象個別帰属税額、控除対象還付法人税額及び控除対象個別帰属還付税額の控除については、控除限度額の制限はありません(従前と同じです)のでご注意ください。(地方税法第53条第5、9、12、15項、第321条の8第5、9、12、15項)

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.5】

 平成28年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰越期間が9年から10年に延長されましたが、地方税についても同様の規定がありますか。

A
 上記Q【その他No.4】に対するAの法人事業税における欠損金は、繰越期間についても法人税と同様の制度になります。
 具体的には、平成30年4月1日以降に開始する事業年度において生じた欠損金の繰越期間が10年に延長されます。
 また、法人都民税における控除対象個別帰属調整額、控除対象個別帰属税額、控除対象還付法人税額、控除対象個別帰属還付税額についても、平成30年4月1日以降に開始する事業年度の発生分から、繰越期間が10年に延長されます。

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.6】

 復興特別所得税額について、法人税で税額控除を受けずに損金算入する場合、法人事業税における所得の金額はどのように計算しますか(平成26年4月1日以後に開始する事業年度について)。

A
 所得税額と同様に、復興特別所得税額についても法人事業税の所得の計算上は損金不算入となりますので、加算します(平成26年4月1日以後に開始する事業年度について)。
 なお、従来は復興特別所得税額を法人事業税の所得の計算上調整する規定がありませんでしたが、平成26年4月1日以後に開始する事業年度については規定が整備されました(地方税法施行令第21条の2)。

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.7】

 合併を行った場合、合併解散する被合併法人の申告書はどの都税事務所に提出すればいいですか?

A
 被合併法人が所在していた場所の所管都税事務所に提出してください。
 なお、申告書の法人名欄には合併法人の法人名と被合併法人の法人名を併記してください。

項目一覧に戻る
Q 【その他 No.8】

 東京都から送付される法人事業税・地方法人特別税・法人都民税に関する申告書用紙等(以下「申告書用紙等」といいます。)が必要ないのですが、送付をやめてもらうことはできますか。

A
 手続いただければ、送付を希望されない法人には、次の申告書用紙等は送付しません。
  • 中間・確定申告書(第6号様式)
  • 清算事業年度予納申告書(第8号様式)
  • 均等割申告書(第11号様式)
  • 申告書別表
  • 納付書
  • 記載の手引等の説明書
 ※なお、申告書用紙等の送付を希望されない場合でも、予定申告書(第7号様式)については従前どおり送付します。

 手続としては、異動届出書に申告書用紙等の送付が不要な旨及び送付が不要となる事業年度を記載の上、所管都税事務所へ御提出ください。 なお、異動届出書の提出についてはeLTAXでも手続可能です。
 以上の手続きをされますと、電子申告を御利用の場合はプレ申告データの送信もされなくなりますので御留意ください。
 また、この手続により、法人事業税・地方法人特別税・法人都民税の申告納税義務がなくなるものではありませんので、引き続き期限内の申告納税に御協力お願いします。
 別紙も御確認ください

項目一覧に戻る