トップページ都税Q&A><都税:個人事業税>

個人事業税



Q 【個人事業税】

 個人で事業を始めたり、廃止した場合は、何か手続きが必要なのですか?

A

 都内において、個人で事業を開始し、又は廃業した場合は、「事業開始(廃止)等申告書」を所管の都税事務所等に提出してください。


項目一覧に戻る

Q 【個人事業税】

 事業開廃業等の申告はいつまでにすればよいのですか?

A

 以下の場合は、申告期間内に「事業開始等申告書(個人事業税)」により申告してください。

申  告  事  由

申  告  期  限

事業を開始又は事務所等を設けた場合

事業の開始の日から15日以内

申告内容の変更(住所等の変更など)

その事実の生じた日から10日以内

事業の廃止

納税義務者の死亡による場合

死亡の日から30日以内

納税義務者の死亡以外の理由による場合

事業の廃止の日から10日以内


項目一覧に戻る


Q 【個人事業税】

 年の途中で事業を廃止した場合、又は事業者が死亡した場合も個人の事業税は課税になるのですか?

A

 個人の事業税は、事業を廃止(事業者が死亡した場合を含む。)した場合、当該年の1月1日から事業の廃止の日までの期間の所得に基づいて課税されます。
 個人の事業者が死亡した場合、個人の事業税の納税義務は相続人に承継されます。
 なお、年の途中で事業を廃止した場合は、その事業の廃止の日から1ヶ月以内(事業の廃止が納税義務者の死亡によるときは4ヶ月以内)に、個人の事業税の申告が必要です。
 事業主控除の月割額は以下のとおりです。

(単位: 円)
事業を行った
月  数
1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月 11ヶ月 12ヶ月
事業主控除額 242,000 484,000 725,000 967,000 1,209,000 1,450,000 1,692,000 1,934,000 2,175,000 2,417,000 2,659,000 2,900,000

項目一覧に戻る


=