このページの本文へ移動
Menu

口座振替について

よくあるご質問

口座振替のお申込みについて

Q
口座振替ができる税金はなんですか。
Q
どうやって申込むことができますか。
Q
ダウンロード専用依頼書はどこからダウンロードできますか。
Q
ハガキ式依頼書はどこでもらえますか。
Q
口座振替を利用できる金融機関はどこですか。
Q
口座振替の申込期限はいつですか。
Q
納税義務者と口座名義人を別にできますか。
Q
納税義務者が被成年後見人である等のやむをえない理由で口座振替依頼書の納税者欄に納税義務者本人が記入できない場合、どうすればいいですか。
Q
申込期限を過ぎて提出してしまいました。再度提出しなければいけませんか。
Q
開始時期欄を未記入で提出してしまいました。いつから開始されますか。
Q
振替方法を未記入で提出してしまいました。どのように振替されますか。

口座振替の停止・変更について

Q
納付書で支払いたい、クレジット納付をしたい、口座を解約した等の理由で口座振替を停止したい場合、どうすればいいですか。
Q
現在口座振替を利用していますが、口座を変更したい場合にはどうすればいいですか。
Q
口座振替の振替方法を変更したい場合、どうすればいいですか。
Q
金融機関の口座名義が変わりました。振替はできますか。

振替について

Q
振替日はいつになりますか。
Q
口座への入金はいつまでにすればいいですか。
Q
預金不足等で振替ができなかった場合、どうすればいいですか。

その他

Q
領収証書は発行されますか。
Q
口座振替の登録にはどれくらいかかりますか。
Q
口座振替の利用や、「1年分まとめて振替」を選択した場合、税額の割引はありますか。

口座振替のお申込みについて

Q
口座振替ができる税金はなんですか。
A
以下の税目で口座振替を行うことができます。
固定資産税・都市計画税(土地・家屋)(※)
固定資産税(償却資産)(※)
個人事業税
東京23区内に所在する資産が対象です。なお、随時課税分については、口座振替のご利用はできません。
Q
どうやって申込むことができますか。
A
口座振替依頼書にてお申込みください。口座振替依頼書は、以下の三種類あります。
ダウンロード専用依頼書
ハガキ式依頼書
複写式依頼書(金融機関窓口設置用)
ダウンロード専用依頼書は、東京都主税局徴収部納税推進課の住所(「口座振替に関する問い合わせ先」参照)を封筒にご記入いただき、依頼書を封筒に入れ、切手を貼り付けて、ポストに投函してください。
ハガキ式依頼書には、既に送付先が印字されているため、必要事項をご記入後、個人情報保護シールを貼り、ポストに投函してください。
なお、ハガキ式依頼書はご提出後、東京都から金融機関へ送付する流れになりますので、金融機関窓口へ提出しないでください。
複写式依頼書は、金融機関にてご記入後、金融機関から東京都へ送付する流れになりますので、金融機関窓口にてご提出をお願いいたします。
その際には、(ア)預(貯)金通帳(イ)通帳届出印(ウ)納税通知書をご持参ください。
楽天銀行につきましては、店舗窓口を有しないため、楽天銀行のホームページの手続画面から申込手続きを行うことができます。詳しくは楽天銀行ホームページをご確認ください。
Q
ダウンロード専用依頼書はどこからダウンロードできますか。
A
こちら↓よりダウンロードできます。

都税口座振替依頼書(自動払込利用申込書(ダウンロード専用))

必ずこちら↓の注意事項・記載例をご確認ください。

注意事項・記載例

Q
ハガキ式依頼書はどこでもらえますか。
A
東京都主税局徴収部納税推進課(03-3252-0955)までご連絡をいただければ、郵送いたします。
また、口座振替をご利用いただいていない方の納税通知書(固定資産税の随時課税分は除く)にも同封されていますので、ご利用ください。
Q
口座振替を利用できる金融機関はどこですか。
A
こちら↓をご参照ください。

東京都公金収納取扱金融機関名一覧

Q
口座振替の申込期限はいつですか。
A
口座振替を開始しようとする月(納期)の前月10日です。なお、その日が土曜・日曜・休日にあたる場合は、翌開庁日が期限となります。
休日等の関係で納期が翌月の第一開庁日となっている場合は、前々月の10日が期限となりますため、ご注意ください。この場合も、その日が土曜・日曜・休日にあたる場合は、翌開庁日が期限となります。
Q
納税義務者と口座名義人を別にできますか。
A
可能です。このような場合、口座振替依頼書の納税者承諾印欄に納税義務者本人の印鑑で押印をお願いいたします。
Q
納税義務者が被成年後見人である等のやむをえない理由で口座振替依頼書の納税者欄に納税義務者本人が記入できない場合、どうすればいいですか。
A
納税義務者本人と代理人の方の氏名・住所を併記するようお願いいたします。その際は、どちらが本人、代理人であるかが分かるように明記をお願いいたします。なお、納税者承諾印欄に納税義務者本人の印鑑で押印できない場合は、代理人の印鑑での押印をお願いいたします。
Q
申込期限を過ぎて提出してしまいました。再度提出しなければいけませんか。
A
次の期からの振替となりますので、再度提出いただく必要はございません。
Q
開始時期欄を未記入で提出してしまいました。いつから開始されますか。
A
振替可能な期から開始されます。
Q
振替方法を未記入で提出してしまいました。どのように振替されますか。
A
(固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)の場合、振替方法について、「各期ごと」「1年分まとめて」のどちらかを選択することができます。)「各期ごと」として振替されます。

ページトップへ戻る

口座振替の停止・変更について

Q
納付書で支払いたい、クレジット納付をしたい、口座を解約した等の理由で口座振替を停止したい場合、どうすればいいですか。
A
東京都主税局徴収部納税推進課(03-3252-0955)へご連絡ください。
Q
現在口座振替を利用していますが、口座を変更したい場合にはどうすればいいですか。
A
口座振替依頼書にて再度お申込みください。
Q
口座振替の振替方法を変更したい場合、どうすればいいですか。
A
(固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)の場合、振替方法について、「各期ごと」「1年分まとめて」のどちらかを選択することができます。)東京都主税局徴収部納税推進課(03-3252-0955)へご連絡ください。
Q
金融機関の口座名義が変わりました。振替はできますか。
A
結婚により姓が変わったり、会社の商号変更があった場合に今までどおり振替ができるかどうかは金融機関によって対応が異なります。そのため、振替ができない可能性もあるため、再度お申込みをお願いします。

ページトップへ戻る

振替について

Q
振替日はいつになりますか。
A
納期限(各納期の末日)の日が振替日になります。「1年分まとめて振替」をご利用の場合は、第1期分の納期限の日が振替日になります。
Q
口座への入金はいつまでにすればいいですか。
A
振替日の前日までに入金をお願いいたします。振替日に入金された場合、振替ができないことがありますので、ご注意ください。
Q
預金不足等で振替ができなかった場合、どうすればいいですか。
A
後日納付書を送付しますので、その納付書により納付してください(この場合、延滞金が発生することがあります。)。なお、再振替はいたしませんのでご了承ください。

ページトップへ戻る

その他

Q
領収証書は発行されますか。
A
領収証書の発行はいたしませんので、振替後のご確認は預(貯)金通帳でお願いします。振替済みの内容を確認する書面をお求めの場合は、東京都主税局徴収部納税推進課(03-3252-0955)へご連絡ください。
Q
口座振替の登録にはどれくらいかかりますか。
A
金融機関での確認作業が必要なため、約1か月程度かかります。
Q
口座振替の利用や、「1年分まとめて振替」を選択した場合、税額の割引はありますか。
A
どちらの場合でも割引はございません。

ページトップへ戻る

口座振替に関する問い合わせ先

東京都主税局徴収部納税推進課
〒101-8513 東京都千代田区内神田2-1-12 8階

電話番号 03(3252)0955(平日9時~17時)

電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
住所変更や課税の内容については、所管の各都税事務所へご連絡ください。