このページの本文へ移動
Menu

都・区市町村で「オール東京ネット公売下見会in都庁」を開催!

~腕時計、ブランドバッグなど様々な公売財産を一同に展示しました~

都と都内区市町村は、12月を「オール東京滞納STOP強化月間」と位置付け、連携した様々な取組を行っています。取組の一環として、11月18日に、都議会議事堂1階の都政ギャラリーにおいて、区市町村と合同で「オール東京ネット公売下見会in都庁」を開催しました。

昨年度、二庁ホールにおいて初開催した下見会が大変好評であったため、今年度も引き続き開催することとなりました。

ネット公売下見会とは、インターネット公売(※)を行うにあたり、各行政機関が滞納処分として差し押さえた動産を、一般に公開し、直接見ていただくものです。

オール東京として同会場で下見会を開催することで、集客効果、周知効果を高め、より効果的な公売につなげることができます。

今回の下見会では、腕時計、ブランドバック、五月鎧や高級なお酒など様々な種類の動産を現物展示するだけでなく、車やバイクの写真をパネルにて展示しました。

当日は、主税局イメージキャラクターの「タックス・タクちゃん」も応援に駆けつけ、会場を大いに盛り上げてくれました。

下見会の来場者数は昨年度を上回り、大盛況のうちに終了することができました。

インターネット公売とは…各行政機関が税金などの滞納者から差し押さえた財産を売却する手続きの一部です。インターネット公売によって落札された物品の買受代金は、未納の税金などの支払いにあてられます。公売については、こちらをご覧ください。

「オール東京ネット公売下見会in都庁」の様子

応援に駆けつけた「タックス・タクちゃん」


(問合せ先)
主税局徴収部個人都民税対策課
直通 03ー5388ー3039